忍者ブログ
Since 2007, 2 新潟で採集した鉱物を中心に紹介しています。産地については大まかな記載にしてあります。 左の産地別よりお入り下さい。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新潟県間瀬
SiO2,nH2O
低温でケイ酸分が沈殿したりケイ酸質の生成殻が堆積して出来ます。
これは数年前に採集したものですが、この間その場所へ行ってみたら全く取れなくなっていました。
PR

新潟県間瀬
Na2(Al2Si3O10).2H2O   結晶の大きさ 7mm
ソーダ沸石の針状結晶が放射状に伸びています。結晶が非常にもろく折れやすいので取り扱いに注意が必要です。

新潟県間瀬   結晶の大きさ 2mm
玄武岩を割ってみたら、中に可愛い沸石が鎮座していました。トムソン沸石です。

新潟県間瀬
玄武岩の空隙に方沸石とトムソン沸石の板状結晶が群生しています。

新潟県間瀬
(Ca,Na2,K2)8(Al8Si28O72).20-24H2O  産出量:大
玄武岩の空隙に産する沸石です。輝沸石に特徴的な強い真珠光沢が特徴的です。

新潟県間瀬
KCa4(Si4O10)2(F,OH).8H2O  産出量:中
魚眼石は普通は無色ですが、この産地のものは少量のバナジウムを含むため青緑色を帯びています。

新潟県間瀬
結晶の大きさ 1mm  産出量:少
手持ちの採集品を整理していたら菱沸石を発見!

新潟県間瀬
条こん色:黄褐色  硬度:2
玄武岩の晶洞に沸石と共に産します。結晶は認められず土状を呈します。

新潟県間瀬
Na2(Al2Si4O12).2H2O  産出量:大
間瀬でよく見られる沸石で、 等軸晶系の二十四面体をしています。主に玄武岩などの空隙に産します。

新潟県間瀬
Ca2Na[Al5Si5O20].6H2O  産出量:大
間瀬で一番沢山見られる沸石で、針状結晶の白い球状集合体が特徴的です。直径3mm。

新潟県間瀬
条こん色:なし  硬度:5
結晶形がはっきりしない土状の粘土鉱物です。


新潟県間瀬
CaCO3  産出量:大
間瀬に特有な黄色味を帯びた方解石です。
カウンター
プロフィール
HN:
ピース
性別:
男性
趣味:
パソコン
自己紹介:
新潟で鉱物を採集して活動しています。
相互リンクご希望の方は下記のメールアドレスにお願いします。
maze2256@gmail.com
広告1
gooリサーチモニターに登録!
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ * [PR]